未分類

超意外!論理的思考力を高めても作曲力は全く落ちなかった話

僕は作曲が超得意です。

よく頭の中でメロディーが浮かびますし、詩もなぜか浮かんできます。

また絵を描くのも観るのも好きですし、ユニークなアイディアを閃ける自信もあります。

このように僕の資質は右脳系の資質であることは間違いありません。

学生時代も美術や工作系の評価は良く、理数系の評価はボロボロでした(笑)

そんなクリエイティブ芸人の僕ですが、しかし大学卒業後は自分の資質とは真逆である理系の仕事に就いてしまいました。

当然理系的な能力が一切ない僕は仕事でめちゃくちゃ苦労しましたが、同時に論理的思考力などの理系的な能力は少しずつ身に付いていきました。

しかし一方で一つ心配していたことがありました。

それは、理系の能力が発達すると、クリエイティブな能力は失われてしまうんじゃないかということでした。

全てを満遍なくこなせる人間を僕は知りません。

例えばレオナルド・ダ・ヴィンチは万能の天才と言われていますが、僕は彼は理系の人だったと思っています

こう言うと、「レオナルド・ダ・ヴィンチは数々の名画を残しており、モナリザなんて誰もが知っている芸術作品じゃないか!彼が芸術もできたのは事実だろ!」

という声が返ってきそうですが、僕はちょっとそれは違うんじゃないかと思っていて、レオナルド・ダ・ヴィンチは現実世界を筆で再現しているというだけなので、僕の感覚からすると芸術家とは少し違うのかなと思っています。

僕が思う芸術家とは、ピカソやダリやシャガールといった現実世界を超越した突拍子もない表現をする人たちのことであり、現実世界を筆で厳密に再現するのであれば職人的に技術を高めていけばよく、そうじゃなくてその作品にユニークな発想、想像力が感じられないと僕は芸術家とは言えないのではないかと思っています

なので僕はレオナルド・ダ・ヴィンチは芸術家ではなく、のめり込むタイプの理系の人だったと考えています。

レオナルド・ダ・ヴィンチは他にも建築、科学、数学、解剖学、天文学などで業績を残していますし、確かに理系っぽい感じはしますね。
しかし同時に音楽でも業績を上げているみたいなので、その音楽はぜひ聴いてみたい気がします。

そうだな。それでもしその音楽が良い音楽だったら、もう万能の天才と認めなきゃいけないかもな。何にせよスゲー聴いてみたい

何でもできる人間はおらず、僕は能力には偏りがあると思っており、相反する能力を同時に高度に持ち合わせている人間はいないのではないかと思っています。

なので僕自身、人間の能力というものについてそのように考えているので、プログラミングができるようになってくると、メロディーが浮かばなくなってしまうのではないかという心配を少し感じ続けていました

そこでこの記事では、IT企業で6年働き、並行して作曲活動を続けていた僕が最終的にどうなったのかを僕の体験を元に紹介していきたいと思います。

果たして、論理的思考力が向上することで作曲力は衰えたのでしょうか?

比較

まず、僕はこんな感じで音楽を作ってきました。

過去にYouTubeに音楽作品を投稿していた時は論理的思考力が高まっている真っ最中の時(まだ論理的に物事を考えられない時期)であり、その後英語で歌うようになるぐらいの頃には論理的思考力には一定の手応えを感じている状態となっています。

本格的にYouTubeに音楽を投稿するようになってから英語で歌を作るようになるまで期間としてはだいたい2年(2018年春〜2020年夏)です。

その間、仕事で論理的思考力は向上し続け、並行して作曲も行いつつYouTubeに作品を載せ続けました。

その2年の経過を見てもらうと分かるように、結論から言うと、ズバリ、作曲力は全く衰えませんでした

論理的思考力が高まりつつある2018年、2019年でも普通にメロディーは思い浮かんでいましたし、論理的思考力が高まった今現在でも普通にメロディーや詩は思い浮かびます。

むしろ現在は以前よりも作曲のバリエーションが増えて作曲力は上がっているとすら思います

論理的思考力(左脳)が高まってもクリエイティブな能力(右脳)は全く衰えませんでした

今も次のアルバム制作のために曲を作っていますが、8曲中6曲は既にメロディーが完成しています。

このように、自分でも拍子抜けするぐらい自分の心配事は杞憂に終わりました。

能力は他の能力を別に邪魔したりしないのですね。

論理的思考力向上による作曲への良い影響とは?

そして論理的思考力が向上したことにより、先ほども少し述べたように作曲にも良い影響を与えています。

音楽理論がちゃんと理解できるようになったり、作曲で自分の弱いポイントを分析して改善できるようになりました

作曲力は全く衰えず、そして持ち前の作曲力を色々な形で補完できるようになりました

なので僕は今、論理的思考力が向上して本当に良かったなと思っています。

音楽制作で論理的な力はかなり役に立っていると感じていますし、また日常生活でも論理的な力は役に立っているからです。

まとめ

以上、ここまで僕の経験を元にざっくりと振り返り、論理的思考力の向上が作曲力に悪い影響を与えないことをお話ししてきました。

これまで僕が作ってきた作品の歴史が証拠として実際にありますし、一応そこそこ説得力はあるのではないでしょうか?

まぁ、論理的思考力の証拠の方はなかなか見せることが難しいですが、昔僕がどれだけ酷かったかというと、伝えたいことがあっても頭の中がぐちゃぐちゃで全く状況が伝えられず作るプログラムもバグだらけで、言われたことも殆ど理解できないといった具合でした。

大げさに言っているわけでもなく、本当に酷かったです(笑)

元々自分の作曲能力に対してはかなりの自信を持っていましたが、ポンコツ具合が少しずつ改善され、論理的思考力を身に付けたことで結果的に作曲に対する自信はさらに深まりました。

今はなんでもやりたいように、作りたいように作れるだろうぐらいに思っています。

普通作曲家は曲を作っていくとネタ切れになってきますが、多分自分に関してはそんなことは今後起こらないんじゃないかなとも思います。

論理的に分析し、問題点を改善する力が今の自分にはあると思っているからです

自信マンマンね!
なんかうらやましいなぁ。

まぁ、こうなるまでは想像以上に過酷だったけどね(笑)
向いていないことをやり続けるのはガチでしんどすぎる。

しかしとても興味深い事例でした。
このような研究は見たこともないですからね。

色々なことに興味関心がある人はどんどんチャレンジした方が良いと思います。

人の持つ可能性は無限大なのかなってやっぱ思います。

なにはともあれ、一つの能力を鍛えても他の能力が衰えるということはないです!

なのでこれからも僕はガンガン曲を作っていき、底無しの作曲能力を証明し続けようと思います。

というワケで、良かったらSpotifyのフォローもお願いします!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

色々と作り続けます 😉

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA