考察

【朗報】幸せになることが実はクッソ簡単なことだった件

幸せってなんだろう。

漠然としてるけど、我々人間にとって超大事なテーマだ。

幸せになりたくない人なんていないだろう。

しかし幸せになりたいと思っていてもなかなか幸せになれないものだったりする。

実際僕も過去にうつ病を患い、不幸のどん底にいた。

経済的に困っていたわけでもなく、体も健康だったが、毎日自殺したいと思うほどに心を病んでいた。

その他にも困難なことが人生でたくさんあり、精神的に苦しいことをたくさん経験してきた。

そしてもがき苦しむ中で、最近一つ実感として分かってきたことがある。

「幸せ」というものについて、少し分かってきたことがある。

というワケで、「幸せ」というものについて最近まとまってきた考えを、ゴッホが分厚い筆で絵の具をキャンバスにぶちまけるようにここに書き殴っていきたいと思う。

我々日本人は海外と比較すると幸せを感じにくい民族だが、この記事が人々の不幸感を少しでも和らげることができれば僕としては幸せだ。

幸せは心の中にある

幸せというものは案外近くにあるものであり、幸せじゃないのは遠くを見過ぎているからだと思う。

前述したように僕はかつて不幸のどん底だった。

自分という人間に価値がないと思い、自分の存在を全否定していた。

僕は元々「歴史に名を残したい!」とか、「大きく成功して富や名声を得たい!!」と思うタイプの人間だった。

そしてビッグになることを思い描いて活動をしていたが、しかし現実は甘くなく、思い描いていた自分になることができなかった。

その時、富も名声も手に入れることができず、普通である存在の自分には存在価値がないと思った。

そして色々な状況も重なって精神的にかなりハードな状況が3〜4年と長く続いたが、その後徐々に精神状態が良くなってきて人生を楽しめる余裕が生まれてくるようになった。

そんな中、最近電車で実家に帰省していた途中、田舎の小さな駅でお年寄りたちが楽しそうに踊って旅人を歓迎している光景を見た。

その時に強烈に思った。

この人たちは決して裕福ではないだろうけど、都会のお金を持っている人たちよりも幸せそうに見える。富や名声なんて幸せには関係ない!自分の状況を自分がどう思っているかが一番大切なんだ!」って。

昔の自分は幸せというものは遠くにあるものだと思っていた。

幸せを追いかけて追いかけて、そして遠くにある大きな幸せを自分の手で掴み取るものだと思っていた。

しかしそれは全く逆だった。

幸せは遥か遠くにあるのではなく、実は一番近くにあった。

幸せは心の中にあった。

自分が幸せかどうかは自分の心が決めるものであり、富や名声というものは幸せの必須条件でもなんでもなかった。

先程のお年寄りたちのように、たとえ裕福でなくても自分が幸せを感じていればそれで幸せなんだ。

その後実家に帰り着き、家族のアルバムを色々見ていると、そこには幸せが溢れていた。

我が家は決して裕福ではなかったが、日常のささいなシーン、幸せな一瞬一瞬が切り取られてアルバムに収められており、幸せというものが何か大きなもの、遠くにあるものではないんだなということを強く再実感した。

アルバムを見ると心が温かくなった

それが答えの全てだった。

幸せは心の中にあった。

当たり前 = 幸せ

最近実家で飼っていた愛犬を亡くした。

彼は兄弟のような存在であり、今は家に帰っても彼が出迎えてくれないのがとても寂しい。

彼がいた当たり前の日常がどれほど自分にとって大切だったかを痛感している。

そしてその当たり前を失って初めて実感した。

自分は彼と一緒にいる時、本当に幸せだったんだなって。

当たり前というのはよくよく考えてみると、実はめちゃくちゃありがたいものだったりする。

風邪を引いたり、一人暮らしを始めたり、歩けなくなったりすると、以前当たり前にできていたこと、やってもらっていたことのありがたさを感じるだろう。

つまり、当たり前というのは実はすでに幸せな状態であるということでもあり、本人が気付いていない、意識していないというだけだ。

これも、心の在り方が変わって当たり前の日常に感謝するようになると、幸福度が高い人生に変わってくると思う。

結局は様々な物事に対して自分がどう感じるかだ。

幸せを外に求めるのはしんどい

物質的な幸せは脆い。

富や名声を軸に幸せを感じていると、それらがなくなった時に不幸になってしまう。

富や名声が失われる恐怖というものも常に付き纏うだろう。

物はなくなることがある。

栄枯盛衰。永遠の繁栄などあり得ない。

物質的な幸せは脆い。

だからこそ、どんな状況でも幸せを感じられるような心を備えていた方が、人生をより豊かなものにできると思う。

例えば僕は、幸せを他人の評価に求めることはやめた。

もちろん他人から称賛されることは気持ちいいし、他人と仲良くやっていくのは温かくて心地良さも感じたりする。

しかしその反面、人間関係というのは時に厄介でしんどいものでもある。

相手の心情を推し測ってあーでもないこーでもないと考えると気疲れしてしまう。

他人の評価を気にし、人間関係が壊れることを恐れて自分の主張ができないという状況に陥ってしまうこともあるだろう。

僕はそれをやめた。

しんどいから。

もちろん自分から人間関係を壊しにいくなんてことはしないが、しかし人間関係は壊れるものだという前提で今は人と接している。

しかしそうすることで、今は自分らしく生きられていると実感している。

以前よりも人生の幸福度は上がっていると感じている。

幸せを外に求めるのはしんどい。

外の状況は色々と変わるし、自分でコントロールできないものの方が圧倒的に多い。

アレも欲しいコレも欲しいと求め過ぎてもキリがない。

幸せというやつは自分の内側で完結させておきたいと僕は思う。

いつの時代でも人間は幸せになれた

人間は生物としてどんな状況でも幸せになれるように創られていると思う。

今よりも物質的に全然豊かではなかった100年前や200年前の人たちがみんな不幸だったかと言われるとそんなことはないと思う。

人類が繁栄するためにはある程度「今」に幸福感や充実感を感じて人生を前に進めていかなければならないため、便利でも豊かでもなかった時代であっても人間は幸福感を感じられるように創られているんだと思う。

昔からずっと物質的な豊かさはあまり関係がなく、いつの時代でも幸せかどうかは自分の心が決めていたんだと思う。

逆に物質的に豊かになった現代人が幸せなのかというと、色々なデータを見る限り胸を張って「Yes」とは言えない。

そして今よりももっと便利で豊かになったであろう100年後、200年後の人類も今と比べて幸せになっているかというと、そんなに変わらない気がする。

まとめ

ここまで「幸せ」というものについて僕の意見をゴッホタッチで書き殴ってきた。

もちろん物質的な豊かさを追求することが絶対悪だと言っているワケではない。

「金持ちになりたい!」とか「有名になりたい!」という願望は恥ずべきものでもなんでもないし、追求したいのであればガンガン追求すればいいと思う。

ただ、僕はそのような願望を掲げることでたくさん苦労をして、そして最近色々と少し分かってきたこともあったため、こういう意見もあるよという感じで書かせてもらった。

改めて言うが、幸せというのは他人が決めることではない。

金持ちじゃなかろうが結婚してなかろうが子供がいなかろうが腕がなかろうがそれで即不幸とはならない。

最近東京パラリンピックがあったが、軽い障害、重い障害、様々な障害を持っている人たちが大きな舞台でめちゃくちゃ輝いていた。

もうね、あれは本当にすごかった。

知能の発達が遅れていようが腕がなかろうが足がなかろうが全く不幸そうに見えなかったというか、むしろ競技としての困難や障害を持つことの困難に立ち向かってきた力強さや、勝利した時の嬉しそうな表情、負けた時のやり切ったという充実した表情などを見ていると、幸せの形って人それぞれだし、人は色々な困難があってもこんなに輝くことができるんだなってすごく勇気をもらった。

決して裕福じゃなくても、どんな困難な状況でも我々は幸せになることができるものだと思うし、幸せになるかそうならないかは、やはり最後は自分の心次第だと思う。

My YouTube 👁

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA