考察

現実主義者の僕がそれでも生まれ変わりはあると信じる5つの理由

「前世」

「生まれ変わり」

こういうスピリチュアルな言葉を聞くだけで拒絶感を示すという人は少なからずいるのではないでしょうか?

僕もかつてはそうでした。

「神様なんているはずないし、死んだら終わり。何も残らないよ」

そう決めつけていましたし、それが揺るぎないこの世界の真実だと思っていました。

うーん、でもやっぱり神様はいるんじゃない?信じてる人もたくさんいるし。

でも祈っても救われねぇ人もいるじゃん

まぁ、いるとは言いがたいし、でもいないとも言いがたいし…っていう感じですよね…。

もちろん自分が神様を信じていないからといって、他人の信仰心をバカにするようなことはしません。

何を信じるか信じないかは個人の自由です。

こんな感じでずっと自分の中でスピリチュアルなものはあり得ないと思って生きてきましたが、最近徐々に考え方が変わってきて、今はスピリチュアルなものを全否定することができなくなってしまいました。

というかむしろ肯定している部分もあります。

そして僕が肯定しているものの一つに、「生まれ変わり」があります。

現在僕は、生まれ変わりはあると思っています。

前世は存在すると思っています。

ではなぜ僕が現在生まれ変わりはあると思っているのか。

それを今から説明していきたいと思います。

人智を超えたシステムがこの世界に存在するという事実

僕はこれまで人生を歩んできて、この世界は分からないことだらけだなと思っています。

そして理解不能だけど、とにかく凄いというものがこの世界にはあり、人智を超えているなと思います。

例えば、人間ができあがる過程なんてその最たるものだと思います。

精子と卵子が結合すると、脳ができ、手足が生え、臓器ができ、目ができ、耳ができ、そして人間ができていく…というような、とても神秘的である意味理解不能なシステムがあります。

以下のYouTubeに、受精から赤ちゃんの姿になるまでをCGで再現した動画がありますが、何度考えても不思議です。

あんな小さな精子と卵子が結合するだけで、あとは勝手に脳や心臓や肝臓や胃腸が作られていくのです。

どういう仕組みになっているの?というか、こんなシステムを人間は作れますか?と思います。

最近になって人間はようやくiPS細胞を使って臓器を作ることができるようになりましたが、かといって骨や脳や血液や皮膚などを全て統括して一人の人間を作り出すという一連のシステムを作ることなど到底できません。

小さなたった一つの受精卵から次々に人を構成する物質が展開されていく様子は、まさに神秘的で、神様にしか作れないシステムのように思います。

このような人智を超えたシステムが存在するのであれば、他にも人智を超えたシステムが色々あってもおかしくないと思います。

そしてその人智を超えたシステムの一つが、生まれ変わりのシステムだと僕は思います。

死んだ人の魂が一度回収され、そしてその魂がまたリサイクルされていくというシステムがあっても不思議ではないと感じます。

人間には理解できないものがこの世界にはたくさんある

まずこの事実を認識したところから、僕の生まれ変わり支持はスタートしていきました。

子供は母親の胎内を覚えている?

次に、これもまた不思議な話なのですが、お母さんのお腹の中にいた時の記憶、いわゆる胎内記憶がある子供が結構いるんですね。

以下に胎内記憶がある子供へのインタビュー動画があります。

幼い子供が証言しているため、ウソを喋っているようなことはなさそうだと感じます。

他にもYouTubeで「胎内記憶」と検索すると、幼い子供が胎内記憶について喋っている動画が色々出てくるので、子供の喋り方を観て、ウソをついているかどうかに注目してみるのもいいでしょう。

しかし、なぜ物心がつく前のことを覚えているのでしょうか。

僕は1歳や2歳の頃の記憶なんて全くありませんし、ましてやお母さんのお腹の中にいる時の記憶なんて一切ありません。

胎内記憶があること自体すごく不思議なことだと思うのですが、それと同時にこの胎内記憶の動画の後半では、胎内記憶のさらに前の記憶を持っている子供の話が出てきます。

胎内記憶の前、お母さんのお腹に入る前の記憶です。

にわかには信じがたいかもしれませんが、胎内記憶自体がすでに信じがたいですし、胎内記憶の前の記憶も完全には否定できないかなと僕は思っています。

前世の記憶を持つ少年の取材映像

また、前世の記憶を持つ少年を取材した映像があります。

このように子供が自分の前世について喋っているのですが、ただ、一つ気になったことがあって、なぜ3歳や4歳で前世の記憶を喋る子供の映像がないんだろう?とは思います。

どういうことかというと、先ほどの胎内記憶動画の後半に出てきた胎内記憶前の記憶を持つ女の子は10歳でしたし、今回の前世の記憶を持つ少年は7歳でした。

一応、大人に「こんなことを言って」と言われるとその通り言える年齢かなとは思います。

もし3歳や4歳の子供が前世の記憶についてあーだこーだ喋っていたら、大人に吹き込まれた可能性は低いと判断できそうですが、7歳以上だとその辺は微妙かなって思います。(胎内記憶について喋っていた子供たちはかなり幼かったので、こちらは完全に本当のことだと僕は思っています)

だから個人的には堂々とこれらの動画が真実であるとは言い張れないですが、しかしだからと言ってウソとも言えないと思っていますし、実際動画ではウソを言っている気配を僕はあまり感じることができなかったので、この子が言っていることは本当なのかな…?と僕は現在思っています。

生まれ変わりについての研究事例を収録した本

これまで挙げてきた例以外にも「自分には前世の記憶がある」というエピソードはたくさんあるようです。

次に紹介する本は、複数の生まれ変わりのエピソードや、これまで世界で行われてきた生まれ変わりに関する研究の歴史などを紹介しています。

「なぜ人は生まれ、そして死ぬのか」という本です。

また、この本では生まれ変わりの他に臨死体験や霊媒など、少々その他のオカルトな内容も取り扱っており、総合的に不思議な体験について考えることもできるかと思います。

この本で挙げられている生まれ変わりのエピソードは、やはりその話が本当であるという決定的な証拠に欠けており、創作話である可能性を完全に否定することはできないと思いますが、それでもやはり生まれ変わりについて考える上で一読の価値はあると思います。

色々な動画や本や記事を見て、あとは自分で生まれ変わりはあるかないかを判断すればいいと思います。

生まれ変わりを信じた方が豊かな人生を送れる

また、これまで挙げてきた僕が生まれ変わりを信じる理由とは少し趣旨が違いますが、僕は生まれ変わりを信じることで幸福に生きることができるから生まれ変わりを信じた方がいいとも思っています。

生まれ変わりを信じた方がなぜ幸福に生きることができるかは、詳しくはこちらの「生きがいの創造」という本に書かれています。

この本は生まれ変わりの事例も豊富に載っていますが、事例集というよりも人生論の本でもあると僕は思います。

例えば、「愛する人と死別した人は絶望に駆られますが、生まれ変わりはあると思えることで、その人の心は軽くなった」という事例がこの本に載っています。

いわゆるスピリチュアル・ケアと呼ばれるものです。

また、死にたいと考えていた人があるキッカケで死後の世界があると思い始めるようになると、死にたいと思わなくなり、以前より人生をより豊かに生きられるようになったという事例も載ってあります。

命に終わりはないと思えることで、人間は今の人生を生きがいを持って生きることができると書かれていました。

そして、「生まれ変わりを信じることで自分にとって人生がより意義深いものになるという”現象”が生じるのならば、『死後の生命が、本当にあるのか、ないのか』という”真理”など、たいして重要ではなくなるはずなのです」とも書かれています。

僕はこの意見はかなり頷けるなと思っており、以上のことから僕は生まれ変わりを信じた方がいいのではないかとも思っています。

まとめ

ここまで、僕が生まれ変わりを信じる根拠について説明をしてきました。

現在までに生まれ変わりの事例は世界40ヶ国で2600以上報告されているそうです。

僕はこれら全てが果たしてウソなんてことはあるのだろうかと思いますし、例え2599の事例がウソだったとしても、1つの事例が本当であれば、生まれ変わりは事実ということになりますし、これだけの根拠が揃っているのであれば、生まれ変わりを完全否定するのはちょっと難しいなと思います。

しかも実際に研究してきた学者たちは、中立的、科学的な姿勢であり、いかにも「学者」という感じの人たちが生まれ変わりを真剣に研究してきたらしいのです。

科学的に研究され、そして実際に事例も数多く報告されてきたとなると、生まれ変わりは本当にありそうな気がしてきましたね…。

かもな。あと、「生まれ変わり」のようなスピリチュアルなことを真正面から主張すると、頭がおかしい人扱いされてしまうっていうのは良くないよなって思う

うーん、でもスピリチュアルなことを信じられないっていう人の気持ちも分かるわ。
でも、果たしてこういう問題は科学で解明することってできるのかしら……。

完全に100%の確証を持って主張はできませんが、しかしやはり、僕は生まれ変わりはあると思っています。

この不思議な世界に生きていて、しかもこれだけの事例が報告されており、色々な動画や本やネットの記事を見てきた結果、僕は生まれ変わりはあるなと思っています。

そして何よりも、生まれ変わりがあると思えた方が、人生は豊かになると思います。

生まれ変わりを信じることで、人生に新たな希望のようなものを少し感じられるようになると思います。

そしてその希望があれば、使命感を持って今の人生をより頑張ることができ、その結果より実りある人生を歩めると思います。

最後は少し抽象的な話になってしまいましたが、僕の紹介した本などを読んでもらえると、僕の言わんとしていることは分かると思います。

特に、悩みを抱えている方は、人生論の意味合いが強い「生きがいの創造」をぜひ読んでみることをオススメします。

以上、生まれ変わりについての話でした。

ここまで長々とお付き合いくださりありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA