主張

元超いじめられっ子の僕がいじめられている君へ伝えたい5つのこと

僕は学生時代、よくいじめられていました。

中学の頃はかなり学校が荒れていて、不良グループからネチネチといじめを受けていました。

高校の頃は先輩や同学年、しかもかなり大勢の人々からいじめを受け、殴られた後に教室でつらくて泣いたり、休み時間になるといじめっ子に絡まれないように職員室のすぐ横の学習室に逃げていました。

「何か面白いことやれよ」と言われて大勢の前で急に一発ギャグ的なことをやらさたり、廊下で先輩とすれ違うたびに顔面をビンタされたり、所属していた剣道部ではよく防具なしで竹刀で叩かれたり、アイロンで腕を焼かれたり、まぁ色々な人たちから散々いじめられました

いじめの傷あともまだ体に残っています。

今振り返ってみても、学生時代、僕は相当いじめられたと思います。

しかし社会人になった今、僕はいじめとは全く無縁ですし、例え苦しくても夢に向かって生き、日々の中で何気ない楽しさも感じながら生きています。

いじめによるつらくて苦しかった時間は永遠ではありませんでしたし、今振り返ると僕自身、たかだか一つの狭い世界で生きていたなと感じます。

いじめを受けていた集団から離れると、僕はいじめを受けなくなりました。

なので、いじめこの世界の全てでもなんでもありません

高校を卒業した後は大学に進学し、そして社会人となり、良い人にもたくさん出会いました。

今いじめを受けているあなたは苦しいことやつらいことを感じていると思いますが、それがこの世界の全てではありません

狭い世界から他の世界に飛び出していけば、今後の人生で楽しいことにもたくさん出会うでしょう

この記事では、いじめというものについて考え、どうやっていじめに対処すればいいかを考えていきたいと思います。

狭い世界を飛び出せば、この世界にはまだ自分の知らない楽しいことがたくさんあるんだということを念頭に置いてほしいなと思います。

あれほど激烈にいじめられていた僕がそうだったのですから。

「いじめられる側にも原因がある」という主張はおかしい

「いじめられる側にも原因がある」という人がいますが、僕はその主張は完全に間違っていると思います。

いじめっ子がいじめをする理由は「おとなしい」とか「太っている」とか「なんかムカつく」というようなものであり、いじめられる人が何か悪いことをしたわけでもなく、たいてい理不尽な理由でいじめられています。

いじめられる側の性格がたとえおとなしかったとしても、それを理由にいじめていいはずがありません

例えば、近所の人が金持ちだったらお金を盗んでもいいのでしょうか?

この場合お金を盗んだ側が100%悪くてお金を盗まれた側が1%も悪くないのは当然の話だと思います。

悪いのはどう考えても理不尽な理由で手を出してきた方です

だから「いじめられる側にも原因がある」と言っている人は、「立場の弱い人への思いやりがない人」なんだと思って無視しておけばいいと思います

いじめられているあなたが、わざわざ「立場の弱い人への思いやりがない人」の言葉を聞く必要は全くありません。

自分は何も悪くない

まずこれを自分の中で大前提としておいてもらいたいです。

いじめの解決法

具体的ないじめの解決法を見ていく前に、いじめ解決法には大きく分けて二つの方向性があると思います。

それは①いじめに立ち向かうのか、それとも②いじめから逃げるのかの二つです。

どちらが良いか悪いか、立ち向かう方がかっこ良くて逃げるのがかっこ悪いとかいう話ではなく、いじめられている状況に応じて適切にどちらかを選ぶ必要があると思います。

ちなみに僕の場合はいじめに立ち向かう方向性でいじめを解決しました。

「立ち向かう」とは言っても何もかっこいいものでもなく、家族でご飯を食べている時に下を向いてポロッといじめのことを親に話しただけですけどね(笑)

詳しくは後で話しますが、そうしたら後は親が学校に怒鳴り込んで行き、いじめを解決してくれました。

また僕は同時に、無理にいじめに立ち向かう必要もなく、逃げるなら逃げるでそれは大いにアリな選択肢だと思います。

社会人になると様々な形で問題解決能力が要求されますが、「無理をせず時には逃げる」ことは、十分立派な問題解決のアプローチだと僕は思います。

誰も卑怯だとは思いません。

そもそもいじめている側が卑怯ですしね

解決策は色々あります。

世の中ではいじめ反対派の方が圧倒的に多数ですし、そういった世の中に住んでいる以上、やはり様々ないじめ解決のための手段が世の中には用意されていますし、世の中の圧倒的多数があなたの味方です。

それではここからいじめの解決法について僕の経験なども交えながら具体的に見ていきたいと思います。

いじめに立ち向かう

親に相談する

僕は、自分がいじめられていることを親に話したことで、一気にいじめの状況を改善させることができました。

親にいじめのことを話した後、父親が学校に怒鳴り込んで行ったらしく、その後先生と僕といじめっ子で話す機会も設けられ、いじめっ子から謝罪も受けました。

そして実際に、その人を中心としたグループからのいじめはなくなりました

確かにその後いじめっ子による冷たい視線は感じていたものの、直接的な身体的暴力や言葉の暴力もなくなり、以前と比べるとはるかに平穏な日常になりました。

僕はいじめを告白した後の復讐が怖いと思っていたのですが、実際はそんなことはありませんでした

いじめっ子にも一応良心はあると思います。

当時いじめっ子たちは高校生であり、心身ともに大人になりつつある高校生は最終的に理性的な判断ができる確率はある程度高いのではないかと思います。

いじめっ子もあくまで一人の人間なので、正当な理由もなくいじめていた人を、謝罪後もいじめようとは思わないんだろうと思います。

それに僕の後ろにはいじめを知った親がいたので、いじめっ子も相手の親に出てこられるとさすがに怖い部分もあったんだろうと思います。

なので、先生に相談することも良い方法かもしれませんが、僕は親に相談する方が効果があると思います。

親は子供のために必死になってくれますし、いじめ解決に消極的な学校もあるとよく聞くので、まず第一には親が頼りになると思います。

親は子供の力になりたいと思っているので、こういう時は思い切り頼っていいと思います。

僕のケースのように親が学校に怒鳴り込みにまでは行かなくても、その他の有効な解決策を色々と提示してくれるのではないかと思います

僕も親にいじめを告白する時は勇気がいりましたが、今になって思うとあの時親にいじめのことを話しておいて良かったなと思っています。

そのおかげで、その後いじめがエスカレートしてさらに体に傷も作ることもなく、何か重大なことが起きることもなく、今はいじめと無縁で自分らしく人生を生きることができています。

電話でいじめ相談をする

もし身近な人にいじめのことをなかなか話すことができないのであれば、電話でいじめの相談をすることもできます。

例えば、国が「24時間子供SOSダイヤル」という取り組みをしており、電話でいじめの相談をすることができます。

以下のURLに電話番号が載っているので、ぜひ電話で相談をしてみてください。

https://www.mext.go.jp/ijime/detail/dial.htm

どうしたらいいか分からない状況でそのままでいても、やはり問題は解決しません。

しかし、一度思い切ってこういう場所に電話をしてみると、その後相談員が相談に乗ってくれ、具体的なアドバイスや具体的なアクションをとってもらえるかもしれないですし、そうすると事態が動き始め、そのうちいじめが解決していくかもしれません。

なので、とりあえず何でもいいから行動してみることも大切になってくると思います。

電話を一本かけるだけで事態が良い方向に進むのであれば、ある意味こんなにコスパの良いことはありません

また、一人で抱え込むよりも他の人と現在の状況を共有した方が、精神的にすごく楽になります

なのでまずは「話を聞いてもらう」というただそれだけでも全然良いと思うので、遠慮なく電話したい時に電話をしてみてください。

何も悪くないあなたが一人で抱え込まず、周囲から助けてもらえそうなところをぜひ積極的に活用していってほしいと思っています。

あなたの味方は想像以上に多いと思いますよ

いじめっ子に反撃する

これは実力行使な分、同時にリスクもある方法ですが、僕はいじめっ子に反撃するというのも、一応一つの選択肢としてはアリだと思います。

いじめられるというのは、要は「ナメられている」ということでもあると思います。

「あいつは大人しいし、歯向かってこないから何をしても大丈夫だろう」と思われている部分があると思います。

なので、こういういじめっ子に口で反撃するか、あるいは殴り返すことをすれば、次からいじめっ子が手を出してこなくなるかもしれません。

しかし相手によってはもっといじめをエスカレートさせてくる可能性も当然ゼロではありません。

これはリスクのあるやり方なので、うまくいくか、状況が悪くなるかは正直分かりません。

うまくいけば相手は今後こっちに全く関わろうとしなくなるでしょうし、反対にいじめをもっとエスカレートさせることになるかもしれないという両極端な結果を生む解決策だと思います。

ちなみにこの解決策を使う際、根っからのヤンチャな感じの人ではなく、集団にいて徐々にいじめてくるようになった人には、この反撃の策は効果があるのではないかと僕は思っています

ただ単に集団内の勢いというか流れで調子に乗ってきているような人は、そこまで根っから気性が荒いというわけではなく、反撃に対してまた反撃してやろうというエネルギーはないと思うからです。

なので、もし反撃をするにしても相手を見ながら反撃をするというのが前提になってくると思います。

耳にピアスを開けてたり言動が明らかにヤンチャな感じの人に対しては自ら反撃して相手を刺激すべきではないと僕は思います。

そういう人たちはどんな復讐をしてくるかが分からないからです

なのでそういうヤンチャな人に反撃する時は、周囲の大人たちの力を借りながらいじめに立ち向かっていくべきだと思います。

警察に相談する

いじめの中には犯罪行為にあたるものも数多くあります。

殴る蹴るなどの暴行を受けると「暴行罪または傷害罪」にあたりますし、物を壊されると「器物破損罪」になり、物を盗まれると「窃盗罪」、ネット上に侮辱的なものを載せられたり書かれたりした場合は「侮辱罪」や「名誉毀損罪」、脅された場合は「脅迫罪」が科されるといったように、犯罪行為に該当するようないじめは普通にあると思います。

このような犯罪行為を平然とやられる理由はどこにもないので、本来であれば毅然とした態度を取るべきでしょう。

なので被害を受けたということで警察に相談に行ってみることも全然アリだと思いますし、ある事例では警察に相談したことで警察から学校に連絡があり、その後いじめが解決したということもあるみたいなので、近所の交番でも何でもいいので、一度相談に行ってみるのもいいかもしれません。

また、「警察」という言葉の響きは悪いことをしている人からすると一層恐ろしく感じる部分があると思うので、「自分に手を出してきたらバックには警察が控えているぞ」といじめっ子たちに示すことは、いじめから自分を守る大きな盾になるのではないかと思います。

いじめっ子もさすがに警察のお世話にはなりたくないはずです。

犯罪は当然許されない行為なので、犯罪行為をされたのであれば遠慮なく助けを求めるべきでしょう。

度が過ぎた行為は厳格に罰せられるべきです。

いじめから逃げる

学校を変える

いじめっ子からの復讐が怖かったり、学校の人間関係が嫌で嫌でたまらないのであれば、学校を変えることも一つ有効な選択肢だと思います。

例えばあなたが高校生の場合、通信制高校に入ることも一つの選択肢だと思います。

学校へ行かず、家で勉強するのです。

通信制高校でも全日制の学校と全く一緒の卒業資格が貰えますし、学校に行かないのでいじめに遭うこともなくなります。

実際いじめによる不登校から通信制高校に切り替えたという人も結構いるようなので、もし気になれば通信制高校について色々と調べてみると良いかもしれませんし、転校できそうな学校があれば、そっちに転校することも十分アリだと思います。

その学校の人間関係がつらいのであれば、学校を変えることも十分検討に値すると思います。

例えば社会人でさえ職場の人間関係が嫌で転職する人はめちゃくちゃたくさんいるのが現状です

いつも転職理由の第一位か第二位に挙がってくるのが職場の人間関係ですからね。

なので当然学生たちもつらい環境にずっと身を置く必要はなく、大人だってつらけりゃコロコロ環境を変えているんだから、何も無理して我慢する必要はないと僕は思います。

不登校になる

僕は正直無理をしてまで学校に行く必要すらないと思ってます。

なので、いっそのこと不登校になってもいいと思っています

今のこの社会には「社会のレールから外れたらもう二度と戻れなくなる」という謎の強迫観念みたいなものがありますが、ハッキリ言ってそんなことありません

不登校になってもその後大学に通ったり自分の希望していた仕事に就けている人はたくさんいます

仕事を辞めてニートになってもその後また働き始めて以前のように普通に暮らしている人もたくさんいます。

そもそも社会のレールって何でしょうか?

それに全員が同じように乗っかっていないといけないものなのでしょうか?

僕にはサッパリ意味が分かりません

どんな人生を歩むかなんて十人十色だし、一見人とは違った人生を歩んでいるような人でも後に大きく成功した人はたくさんいます

だって、あの発明王エジソンだって小学校中退ですからね

僕は漠然とずっと学校に通い続けることよりも、自分が打ち込めることを見つけることの方がずっと大事だとも思っています。

そして現在の世の中には数多くの選択肢があります

「一つの道がダメだったらもうそれで人生終わり」というような世の中ではありません。

不登校になってもその後の人生チャンスはいくらでもあります。

自分の気持ち次第で人生は如何様にも変えていくことができます

だから少しの期間不登校になったって別に構わないと僕は思います。

それに今はもうつらいことでも我慢してやり続けることが称賛されるような時代でもないでしょう。

むしろ従業員を頑張らせすぎて自殺に追い込むような会社のニュースが報道されるとその会社は大炎上してしまいます。

あまり我慢しすぎず、苦しいようだったら無理をしない方がいいと僕は自分の経験も含めてそう思います。

赤の他人より自分の存在の方がずっと大事

具体的に行動をすることで、現在の状況を変えていくことができます。

いじめに立ち向かうのか、それともいじめから逃げるのかという具体的な行動を取る必要が出てくるでしょう。

そしてその時に、教師、電話相談センターの係員、警察、いじめっ子といった赤の他人に対しては何も遠慮する必要はないと思います。

いじめられていることをなかなか周りに相談できないという気持ちはよく分かります。

「周りに心配をかけたくない」、「周りが自分のつらい状況を理解してくれるか分からない」、「相談したところでいじめを解決できるか分からない」、「あの人たちは忙しいだろうし、自分のことを相談するのも申し訳ない」というように、声を上げづらいその気持ちはよく分かります。

かつては僕もそのように考えていました。

しかし結局自分の存在が一番大事であり、そんな自分がいじめられて苦しい状況にある中で、他人に対しては何も遠慮する必要はないだろうと僕は思います。

優先順位は 自分 >>>>>>>> 他人 で全然いいと思いますし、むしろそれが普通だと思います。

自分が苦しい時は周りに助けてもらい、そして周りが苦しんでいる時は周りを助けてあげればいいと思います

この世界は助け合いで成り立っていますから、何も遠慮することはないと思います

とにかく周りに助けを求めたい時は遠慮せずに助けを求めていいと思います。

とりあえず助けを求めて、そこから先はまたその後に考えてもいいと思います。

きっと周りの優秀で優しい人たちが色々と知恵を貸してくれると思います。

また、人生の全てでも何でもない学校生活において、仲良くもなく、ただいじめてくるだけの赤の他人に対してはなおさら何も遠慮する必要はないと思います。

立ち向かう時は毅然と立ち向かっていいと思います。

どうせいじめっ子とは学校を卒業したらもう人生で2度と会うこともないでしょう。

今後の長い人生でそのいじめっ子たちと一生付き合ってくわけではありません

なのでいじめっ子たちから何を思われてもどうせ縁が切れるんだったら遠慮することはないと思うので、いじめ解決に向けて取れる行動があれば遠慮なく取ってみて全然アリだと思います。

どうせいじめっ子とは今現在の一時的な付き合いなのですから!

道は一つではない

坂本龍馬の言葉にこんな言葉があります。

人の世に、道は一つということはない。

道は百も千も万もある。

坂本龍馬

今の道を外れたところで、現実には他にもたくさんの道があります。

今いる世界が全てではありません

自分の気持ち次第でいつからでも色々な道に進むことができます

それにもし将来仮に仕事に就くことができなかったとしても、別に野垂れ死ぬことはありません。

なぜなら生活保護があるからです。

こんな風に、一番大きく道を踏み外してしまった場合でも別に死ぬようなことはないので、少々今の道から外れても最終的には大したことはないだろうと僕は思います。

死んでしまえばそこでもう何もできなくなります。

しかし、生きてさえいれば、後からなんだってできます

苦しくて命を断つぐらいなら、僕は一目散に逃げるべきだと思います。

そして逃げて身の安全を確保してから、また新しいことにチャレンジしていけばいいと思います。

それで十分だと思います。

なので、あまり自分の状況を深刻に考えすぎず、「これから取る行動がダメだったとしても、まぁ人生なんとかなるだろう」ぐらいに思っておいて大丈夫だと思います。

僕も普通じゃない人生を歩んできましたが、今まで人生なんとかなっているので!(笑)

なぜいじめは起きるのか

そもそもなぜいじめが起きるのかを考えてみたいと思うのですが、僕はいじめが起こりやすい環境があることが問題だと思っています。

例えば僕のケースだと、大学に通いはじめてからピタリといじめがなくなりました。

高校から大学に環境が変わり、会う人がガラッと変わりました。

会う人会う人が、良い人ばかりになりました。

なぜそうなったのかというと、環境がオープンで流動的になったからだと僕は思います。

例えば、大学では同じ生徒と1年も2年も同じ教室にいるようなことがありません。

席だって自由に座れますし、授業も半年で終わり、またみんなバラバラになります。

人が流動的なんですね。

それに対して中学や高校では、決まった席で決まった人がずっと同じ空間にいます。

人が固定的なんです。

そして狭い空間で、同じ生徒同じ教室でずっと過ごしていると、徐々にいじめが起きてしまうのだと思います。

例えば「スタンフォード監獄実験」というアメリカで行われた有名な実験があります。

これは、とある施設で心身ともに普通の人たちを囚人役と看守役に分け、その後のそれぞれの行動を観察するという実験ですが、途中から看守役は囚人役を虐待し始めてしまいます。

そして最終的にかなりエスカレートしてしまい、予定よりかなり早く実験を中止せざるを得なくなりました。

看守役の人たちは、心身ともに異常がない、ごく普通の人たちでした。

そんな人たちでも、こういう閉鎖的な環境で過ごしていると、他人をいじめ始めてしまうのです。

つまり、大学はオープンで人が流動的ですが、中学や高校は人が固定化されて環境は閉鎖的であり、この環境の違いが、いじめが発生するかしないかで大きく影響を与える部分であると僕は思います。

そして残念ながら、そういう環境にいるかぎり、人は人をいじめてしまう生き物だということも現実だと僕は思います。

人は基本的に他者よりも優位に立ちたいと思う生き物であり、そういった性質がいじめを引き起こしているんだと思います。

この性質は人が他人と切磋琢磨して成長していく上でとても効果的に働きますが、同時にこういったいじめの問題も引き起こしており、我々人間社会からは中々いじめの問題は切り離しにくいものだと僕は思っています。

しかしそうは言っても、いじめが起きても仕方ないということにはならないですし、いじめは悪い行為には変わりがないことは事実です。

そしてもう一度言いますが、別にあなたが悪いわけではないのです。

人間の性質、いじめが起きやすい環境にいることが、いじめが発生する大きな原因であり、いじめられているあなた自身に何か原因、問題があるわけでは全然ないのです。

そこは強く認識しておいてほしいと僕は思います。

最後に

僕の実際のいじめ体験を元に、ここまでいじめについて見てきました。

いじめの状況は人それぞれ違うと思うので僕の書いてきたことがあなたのケースにどれほど有効かは分かりませんが、ほんの少しでも何か役に立てば幸いです。

そして最後に改めて言いたいことがあります。

それは、この先の長い人生、まだ知らない楽しいことがたくさん待っているよということです。

いじめっ子にあなたの人生を潰される筋合いは1ミリもありません

「人生を潰される筋合いがあるのは、むしろいじめっ子の方だ!」ぐらいに思ってもいいと思います。

あなたは何も悪くありません。

なので、遠慮はいりません。

SOSを出す時は、全力でSOSを出しましょう

逃げる時は全速力で逃げましょう

そしていじめという狭い世界から抜け出し、その後の人生でもっと広い世界に踏み出して、楽しいことをたくさん経験してほしいなと思います。

道はたくさん、たくさんあります。

以上が、元いじめられっ子の僕があなたに伝えたいメッセージになります。

また、もし僕に対して質問や相談があれば、下のお悩み相談所からでも遠慮なく送ってもらえればと思います。

My YouTube 👁

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA