ノウハウ

もう苦しまない!うつ病を治すための8つの超実践的な解決法

僕は以前うつ病を患っていました。

その苦しいこと苦しいこと、とにかくネガティブなことしか考えないし、どんどんネガティブになっていくと雑巾を絞るように心(感覚的に言うと心臓ぐらいのところ)がギューッと何かから締め付けられるような感じがしてたまらない苦しみに襲われるし、歩いてても誰かが背中にずっと乗っかっているような感じで、とにかく苦しくて仕方がない。

そしていつも死にたいと思っているが、実際に死のうとしても怖いから死ねず、結局また苦しみを味わい続けるというような、まさに地獄のような精神状態でした。

…………

…「うつ病は苦しい」ってよく聞くけど、そんな生々しい話を聞くと、うつ病って実は恐ろしい病気なんだって考え方が変わってくるわね……。

うつ病のメカニズムについても色々と分かっていることはあるので、自分の体型に気を配るように、日頃から自分の心の状態にも気を配ることは大事かもしれませんね。。。

本当に無理のし過ぎは良くないですね。

しかも僕はただでさえガス欠なのに更にまだ無理をし続けることで、どんどん心の状態を悪くしていきました。

あの時は今思い返してもかなりしんどかった記憶があります。

だからこそ、うつ病で苦しむ人たちがうつ状態から抜け出してまた自分の人生を自分らしく生きられるよう、僕の経験と現在の考えが少しでも参考になればと思いこの記事を書くことにしました。

ここからはしんどい状況をいかに脱するかということについて、具体的で現実的な解決策を紹介していきます。

過去に僕はしんどい状況を脱しようと色々試しましたが、その中でも効果があったなと思う8つの方法をこの記事で紹介したいと思います。

では長話も嫌いなのでガンガン本題に入っていきたいと思います!

病院で専門家の先生にきちんと診てもらう

なんといってもまず大事なのは、病院で先生にきちんと診察をしてもらうことです。

自分が置かれている状況を病院の先生に詳しく診てもらうことで、専門家の視点から適切なアドバイスが貰えますし、病状に応じて適切に薬も処方してもらえます。

また、病院の先生と実際に話をすることで気持ちも少し楽になります

僕はうつ病の症状が出始めてから4ヶ月ほど経って初めて病院に行きましたが、実際に病院で先生に親身に話を聞いてもらい、色々とアドバイスも貰って薬も処方してもらえたので、もう少し早く病院に行ってたら良かったなと思いました。

中でも、薬を飲むことで、気分は以前より少しマシになりました。

僕が飲んでいた薬は「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」と呼ばれる薬で、それは脳の中にある「幸せホルモン」の量を増やす効果がある薬でした。

うつ病とはそもそも脳の病気であり、このように薬で脳の中の良い物質を増やしてあげて脳の病気の症状を直接抑えていくやり方は、やはり効果的な対処法だと思います。

病院に行くとこのような有効な対処法を色々と提示してもらえるので、自分だけでうつ病を改善させようと努力する前に、まずは医療の力を借りるべきだと思います

「うつ病は心の弱さだ!だから頑張れ!」という精神論はもはや時代遅れですよね。うつ病は脳の病気なので、病気には薬などを使って適切にアプローチしていく必要がありますね。

それに、お医者さんに診てもらえるとやっぱ安心するよね。「これからちゃんと治っていくんだなぁ」って!

誰かと喋って自分の状況や愚痴などを聞いてもらう

僕の経験上、誰かと話すことは気分をマシにするとても良い方法だと思います。

自分の状況や愚痴などを友達や知り合いなど周りの人に話すことで、心がスッキリするはずです

実際に僕は気分がどんどんしんどくなってきた時に、よく友達に電話したりLINEしたりしていました。

そして自分がしんどいことや正直な気持ちを友達に話すことで、話す前と比べて確実に気分は楽になりました。

多分、自分の気持ちを言語化することで頭の中が整理されていったり、周りに共感してもらえた安心感などがあって心がスッキリするんだと思います。

ハッキリと確定的なことは言えませんが、でも、話すと気持ちがスッキリするんですよね。

少なくともモヤモヤが晴れることは事実だと思います。

例えば人が涙を流す時、感動的なシーンを観た時に左脳がそのストーリーを解釈し、右脳がそれに共感することで涙が出るそうです。

これを踏まえると、つらくて苦しい感情が右脳に溜まっている時、その感情を言語化しようとすると左脳側でその感情を客観的、論理的に解釈し、そうやって整理された感情が最後にまた右脳に戻ってくることで、感情が薄まって落ち着くのではないかと僕は考えます。

なので僕は、一旦感情を左脳側で処理させるために言語化することは重要だと思っています。

その点からすると、日記を書くこともオススメです。

実際にうつ病の人が日記を書くことは、色々なところで推奨されています。

その日にあったことや自分が感じたことなどを簡単でいいので日々書き残すのです。

自分の気持ちを書き残すことで自分の感情と向き合うようになれば、心も落ち着いていくでしょう。

例えば真っ暗闇で一人でいると不安で恐ろしい感情に駆られると思いますが、明かりが着いて何もない普通の場所にいることが認識できると、「なんだぁ」と落ち着くと思います。

このように正体不明のものに対して人はストレスを感じるので、自分の感情と向き合ってその感情の正体が分かるようになれば、心も落ち着いてくるでしょう。

僕も日記を書いて自分の気持ちを吐き出していましたが、やはり日記を書くとモヤモヤが吐き出されてその都度心はスッキリしていました。

以上のように、つらい気持ちを一人で抱え込むのではなく、他人と共有したり日記に吐き出すことで気持ちは少し和らいでくるはずです。

俺は友達に愚痴ばかり言ってて気が付いたら周りから友達が一人もいなくなったことがあるぞ

それは単にあなたが調子に乗って偉そうにしてたからでしょう。。。

美味しいものを食べる

「食べる」という行為は栄養を取るだけでなく、緊張を和らげて精神を安定させる作用があります

食事をすることはストレスの緩和にとても大切であり、美味しいものを食べると誰もが多少は幸福感を感じるでしょう。

それに、ストレスを感じると体内の栄養分が不足するので、やはりきちんと食事を摂ってそれらの栄養を補ってあげることはとても大切になってきます。

僕はうつ病の時はなるべく脳にポジティブな感情を与えてあげた方がいいと思っていて、うつ病の時はネガティブパワーがポジティブパワーよりずっと強い状態になっているため、自分が少しでも幸福感を感じられるようなことをしてネガティブパワーを押し返していかなければいけないと思います。

なのでシンプルに、美味しいものを食べることは、脳にポジティブな感情を与える上で効果的だと思います。

美味しいものを食べるとやはり脳は幸福感を感じます。たとえ物凄い幸福感でなくとも、ある程度の幸福感を感じるのは事実でしょう。

こういった幸福感の貯金というか積み重ねが、うつ病のネガティブパワーに打ち勝つ原動力になってくると思います。

ちなみに僕の場合は、週一ぐらいでステーキを食べるようにしていました。

うまい肉をたらふく食った時の幸福感は格別で、その幸福感を定期的に味わうようにしていました。

なので、「いきなりステーキ」が当時の僕の行きつけの店でしたね。

めっちゃお世話になりました。

肉を食べるとなんだか元気が湧いてくるよね。ホント。

お肉だけに限らず、美味しいものを食べると幸せな気分になれるよね♪

1日3回の食事をより楽しむことができれば、だんだんと元気も付いてきそうですよね。

セックスを楽しむ

人間が強い幸福感を感じる行為の代表に、セックスが挙げられます。

セックスをすると人間は強い快感を感じ、心が満たされます

セックスは強烈なポジティブパワーを持っています。

実際に僕はセックスをよくするようになったことで、うつ病が劇的に改善していきました。

もちろん人それぞれ状況や物事の捉え方が違うので全員に抜群の効果があるとは保証できませんが、少なくとも僕の場合だとセックスに励むことによってかなりのうつ病改善効果がありました。

こういった僕の経験から、セックスはネガティブパワーを跳ね除ける超効果的な方法だと思っています。

ちなみに僕の場合は恋人もいなかったので、風俗に行ってよくセックスを楽しみました

こう書くと、やはりそういうお店に行くことに抵抗感を示す人も多いと思いますが、しかし僕はお金を支払って性サービスを受けることは別に何も後ろめたいことでもなければ悪いことでもないと思っています。

そもそも僕たちが住んでいるこの社会は、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいはずです。

こちら側は性サービスを受けたいと思ってお金を払い、女性側はお金を稼ぎたいと思って性サービスを提供する。

道徳的に良いか悪いかの議論はあるにせよ、法律的にはなんの問題もなく、女性側も職業選択の自由がある中で自分の意思でその仕事を選んでいるので、性サービスを受けようが性サービスに従事しようが何の問題もないはずです。

確かに、「お金を払っているから別に何をしてもいいだろ!」という乱暴な態度はいけませんが、しかし性サービスを普通に楽しみたいのであれば、僕はどんどんサービスを受けて良いと思います。

ちなみに女性の場合でも女性用風俗という選択肢もあり、現在はまだ地方にはあまりないのですが、都会にはそこそこ店舗数があり、中にはイケメンの男性がサービスをしてくれるようなところも普通にあるようです。

僕は男性もそうだし、女性もこういった性サービスを受けたいのであれば大いに活用しても何の問題もないと思います。

「女性はおしとやかにしているべき」だとか、「女性が性に奔放なのはみっともない」なんていう意見は僕はクソくらえだと思っていて、女性も性を楽しみたいのであればガンガン楽しむべきだと思います。

人間はセックスが大好きな生き物であるということは厳然たる事実なので。

どちらにせよ、セックスにはすごいエネルギーがあり、セックスをすることでうつ病は大きく改善できると経験上そう思います。

……ちょっとまだ、私からはノーコメント…かなぁ…

でも性欲は人間の根源的な欲求だから、それにフタをして目を背けるのはあんまりよくないと俺は思う

性をタブー視するこの社会的雰囲気は、キリスト教の価値観が大きく影響していると思います。だから時代が変わって社会の価値観が変われば、日本もスウェーデンのようにもっと性に寛容な社会になっていくかもしれませんね。

寝る

僕は幸いうつ病でもよく寝ることができるタイプの人でした。

うつ病の人の中には寝られない人もいるかと思います。

なので比較的寝れるよという人限定の解決法になってしまうのですが、寝ることは気分を和らげるのにとても効果的だと僕の経験上思います。

僕はしんどくなるとよく寝ていました。

ネガティブな感情がどんどんこみ上げ始め、ネガティブな考えが止まらなくなってくると、ベッドに横になってとりあえず寝るようにしていました。

そして目が覚めた時には、ベッドに横になる前のとめどないネガティブな嵐はどこかに行ってしまってました

むしろ、しんどかった感情を寝ることによって忘れたというような感じでしょうか。

20分や30分ほど仮眠を取るだけでも全然気分は違いました

脳科学的に見ても、20分ほど仮眠を取れば、頭の中の情報が整理されて頭がスッキリするらしいです。

ちなみに僕は自宅だけではなく、会社でも昼休みになるとよく寝ていました。

うつ病状態で会社にいるのはかなりしんどかったので、昼休みに寝て感情をある程度スッキリさせてまた午後頑張るという感じでした。

いや、頑張るなよって感じですが…(笑)

とにかく僕は睡眠にはかなり助けられたなという実感があります。

起きた時にしんどい気持ちが消えてくれたのは本当にありがたかったです。

俺も寝るのは好きだけど腹が減ってきて途中でよく起きる

知らんがな。

ジムに行き本格的に筋トレする

うつ病の時はしんどくて動けないという人も多いかと思いますが、しかし僕はそんな人たちにはぜひ筋トレをオススメしたいです。

筋トレをすると爽やかな気分になります。

しかもある程度ハードに体を動かすためにジムに行って筋トレをした方が良いと思います。

僕はしんどくてしんどくてもうどうしようもないと思っていた時に、ジムに行きはじめました。

仕事が終わってメンタルもかなり重たくなったその足で帰り道にあるジムに行っていましたが、トレーニング器具を使って30分ほど体を動かすと、筋トレ後は全身が程よい心地よさに包まれ、汗もかいて気分がスッキリしました。

筋トレをする前に感じていたしんどさは、筋トレ後にはキレイさっぱり消えていました

それもそのはず、筋トレにはメンタルを落ち着ける効果があります

筋トレをすると、テストステロン、セロトニン、ドーパミンといったポジティブな感情になる物質が脳内に分泌されます

筋トレ後に僕の心が軽くなったのも科学的に理に適っていたのですね。

筋トレの効果を実感して以来、僕はよくジムに通うようになりました。

モチベーションはかなり高かったです。

なぜなら、うつ病のしんどさが消えてくれるからです。

筋トレをするしんどさよりも、うつ病のしんどさの方がずっとしんどいので、筋トレをしてあのしんどさが消えてくれるならガンガンやりたいと思っていました。

ちなみにもしあなたがジムに行こうと決心してジムに行っても、初日は軽めに運動をすることをオススメします。

なぜなら僕は初日にいきなり激しく運動をしすぎて次の日に発熱したからです(笑)

なんか、いきなり激しく筋トレをすると免疫力が下がって風邪を引きやすくなるみたいです。

なので僕みたいなヘマをしないように、そこだけ注意してもらえればなと思います(笑)

筋トレには科学的にも様々なメリットがあることが分かっています。筋トレはうつ病の人に限らず我々が健康を向上させるのにもとても効果的ですよ!

筋トレって、俺たちの中に眠っている力を引き出すためのスイッチみたいなものかもな

テレビを観る

近年テレビは衰退していると言われて久しいですが、しかし実際にテレビを観てみると良いコンテンツも多いです。

「面白い番組が減ってテレビ全体の視聴率も落ちてきている!」とはよく言われますが、それはただ単にテレビの代わりとなるスマホやパソコンが普及したという環境の変化が大きな要因でしょう。

別にテレビ番組自体の面白さは昔と比べてもそんなに変わっていないと思います。

実際、感動できる番組や、笑える番組、知っておくと為になるような知識が得られる番組など、テレビには色々な面白い番組があります。

僕はうつ病の時には特にバラエティ番組をよく観ていました。

何も考えずただただ笑えるような番組を好んで観ていましたし、やはり笑うと気分は良くなります

実際に、笑うことで脳内のストレスホルモンは減少しますし、笑うことで酸素が大量に体に取り込まれ(通常の呼吸の3倍〜4倍)、脳の細胞が活発化して脳の働きが向上します。

科学的にも、そして僕の経験的にも、笑うという行為はメンタルに良い影響を及ぼすと思うので、くだらないことをやっているようなバラエティ番組こそ観ることをオススメしたいと思っています。

また、泣くという行為にもリラックス効果があるので、感動的な番組を観て涙と流すのも良いと思います

なにしろテレビには色々な番組があるので、テレビを点けていれば何かしら気が紛れると思います。

テレビの中で色々な人が喋っているので、独りの寂しさも紛れます

なので僕は家にいる時はよくテレビを点けていました。

確かに、よくよく考えるとテレビは面白いコンテンツを作るプロたちが作ってるんだもんね!

バラエティ番組とかホント面白い番組多いもんな。しかしまぁ、芸人のトーク力や笑いを生み出すあの感覚って素直にすげーと思う

考え方を変えるために本を読む

僕はうつ病になる前からよく本を読んでいたので、うつ病になってからもその延長で本を読んでいました。

うつ病の人は考え方が極端にネガティブになっているという状態なので、その考え方を少し変えてあげる必要があると思います。

実は、普通の人よりもうつ病の人の方が世界を正しく見ているという説があり、本来厳しいこの世界を直視して生きていくとしんどくて生きていけないから、人はある程度現実から逃避してポジティブに物事を考えるようになったそうです。

それが人類が宗教を営む理由にもなっているのではないかとも思います。

なので、うつ病の人はある程度前向きに、肩の力を抜いて物事を考えられるようになる必要があると思います。

そして、考え方を変えるためには、他の人の考え方や色々な知識に触れる必要があると思います。

試しにAmazonで「うつ病」や「メンタル」で調べればたくさん本が出てきますし、漫画で書かれた読みやすいうつ病に関する本などもあります。

こういった本を読めば、新しい物事の考え方や気づきが得られ、徐々に自分の考え方を変えていくキッカケを作ることができます。

また、本を読むのが苦手で面倒な人は、YouTubeでうつ病やメンタルに関連する動画を観るのもオススメだと思います。

というか本が苦手だからYouTubeを観るとかじゃなく、どっちでも良いと思います。

自分が興味を持って効率良く知識が得られるのなら本でもYouTubeでもテレビでもなんでも良いと思います。

話を戻すと、YouTubeでも「うつ病」や「メンタル」で検索すると、色々な解説動画が出てきます。

分かりやすくキレイにまとまっている動画も多いので、YouTubeの動画も結構参考になるかと思います。

ちなみに本を読んだりYouTubeを観たからといってすぐに人生が変わるわけではないと思います。

知識を得たばかりだと、頭では理解したけど、まだ心にまでは落とし込めていない、つまり自分にその考え方がまだ染み付いていない状態だと思います。

その考えが自分に染み付くまでには時間がかかります。

これは人間の脳の性質上仕方がないことだと思うので、自分の考えていることと自分が感じることが一致しなくても、そんなに焦ったり自分を再度否定したりする必要はないと思います

僕もそうでしたが、考え方はゆっくりと変わっていきます

ホント、そういうものなので、焦らずゆっくりと自分のネガティブな考え方を変えていければいいと僕は思います。

知識は本当に大事で、知識があれば取れる行動の幅が広がります。また、正しいアプローチができる確率も上がりますし、効率的に目標を達成しようと思えば、やはり正しい知識は欠かせません。

私もたまに本を読んだりするけど、文字だけだと途中で退屈しちゃうし、やっぱYouTubeの方が良いかな!

まとめ

以上、僕の経験をもとに、ここまで僕がうつ病の改善に効果的だと思う方法を紹介してきました!

僕は「もう、なんとかしてこの苦しさから脱したい」というただそれだけの思いで色々やっていました。

この記事で紹介した解決法の全部が全部みんなに有効だということはないとは思いますが、しかしこの中から自分に合いそうなものがあれば、ぜひ生活の中に取り入れてみてもらえればと思います。

自分の心に楽しく前向きな栄養を与えていけば、生きる希望も芽生えてくるのではないかと思います。

個人的に特に覚えているのは、その日池袋のソープランドに行って女性としこたま楽しみ、それが終わった次は池袋のラーメン二郎に行ってガッツリ濃厚デカ盛りラーメンを楽しみ、そして家に帰ってぐっすり寝たことです。

もう最高に幸せを感じましたねその日は。

そうやって楽しいと思えるようなことを積極的に生活の中心に置くようになってから、うつ病は本当によくなっていきました。

人生楽しいことがなく、苦しいことしかないような状態だと生きる希望もなくなりますよね。なので確かに、楽しいことを見つけることはとても大切なことだと思います。

仕事がしんどくても、楽しいことがちょこちょこあればなんとかやっていけるものね!

まぁ、確かに人生楽しいことばっかりじゃないしな。苦しいことも含めて色々ある中で、少しの幸せを感じることができたら人生それで十分かなって思う

また、個人的にうつ病は人生の劇薬だと思います。

うつ病という薬を飲んだ時の副作用はとても苦しいですが、しかしうつ病という薬が効いて副作用が終わった時、人生は以前よりも良くなっていると思います

実際に僕はそう強く感じています。

うつ病以前よりも考え方がしっかりし、メンタルコントロールもできるようになって、今はネガティブに考えて人生立ち止まってしまうようなことがかなり少なくなりました。

今は、あの時うつ病になって本当、良かったなと思っています

他者への思いやりや共感も以前よりずっと深くなりました

うつ病になったことで人生が変わりました

強がりでもなんでもなく、間違いなく人生は良い方向に変わったと感じています。

しかも以前テレビで観たのですが、ガンになった人でさえ、後々「自分はガンになって良かった」と言っている人もいて、他にもそういう人は多くいるようです。

ガンになった人は、生きる意味や自分の人生について、みんな真剣に考えるそうです。

そしてガンを克服した後は、より自分の人生に充実感を感じながら生きられるそうです。

大きな逆境にぶち当たってそれを乗り越えた人は、必ず一皮も二皮も剥けてたくましくなります

なので、うつ病で苦しい思いをすることは、なにも悪いことばかりではなく、ある意味、今後の自分の人生をより実りあるものにするための準備期間だとも言えると僕は振り返ってそう思います

うつ病は苦しいですが、僕も克服できましたし、その他大勢の人がうつ病を克服していますし、毎日ゆっくりと、そして何か楽しいことを見つけて自分のペースで少しずつ暮らしていけば、きっとうつ病は克服できると思います。

ここまで長々と読んでいただきありがとうございました!

僕のこの記事が少しでも役に立てば幸いです。

明けない夜はないです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA